アトピー性皮膚炎のQ&A | 治験(臨床試験)の治験アルバイト募集ネット

HOME(治験バイト情報) > アトピー性皮膚炎のQ&A

アトピー性皮膚炎のQ&A

アトピー性皮膚炎ってどんな病気なの?

かゆみを伴った湿疹が現れ、乳児の時には頭部や顔面にでき、成長すると肘や膝などの関節部分にできやすい。
かゆみのあまり、引っ掻いた部分が傷になってしまい、化膿したりカサブタが出来たりします。

アトピー性皮膚炎の原因は?

ダニやカビなどにアレルギー反応を起こすことが主な原因。
アレルギー反応を起こす要因は遺伝的なものが多く、家族にアトピー性皮膚炎の患者がいると発症しやすい。
また乾燥や体の汚れ等によっても引き起こされる。

アトピー性皮膚炎の治療方法

はっきりした原因が不明な現時点では、対症療法(その症状に応じた治療)が基本です。
(A):皮膚炎を治す。→ステロイド外用剤・プロトピック軟膏
(B):乾燥肌を保護する。→保湿剤によるスキンケア、皮膚を清潔にして、外部の刺激から保護し、皮膚内に十分な水分を保つこと
(C):生活上のいろいろな悪化誘因(衣、食、住、)を、できるだけ少なくする
(D):心身にかかるストレスをできるだけ少なくする。(年長児、成人では特に大切)

以上がアトピー性皮膚炎の基本的治療です。特別な治療があるのではないです。

まとめ

・大人アトピーは主に次のような事が原因と考えられています。

1、ペリオスチンと呼ばれるタンパク質が過剰に体で作られる
2、フィラグリン遺伝子の変性
3、肌への刺激
4、肌を洗いすぎて、ボロボロになっている
5、スキンケア(保湿)のしすぎ
6、ステロイドを長く使っていた
7、食事のバランスの乱れや添加物の多い食生活
8、不規則な生活
9、運動不足
10、呼吸が浅い
11、家がダニやカビ等、見えない微生物で蔓延している
12、環境の変化
13、ストレス

・症状の現れ方は全身の皮膚の乾燥に加えて、毛穴が盛り上がった鳥肌のような湿疹が固くなり、全体にザラザラした皮膚になります。
・アトピー性皮膚炎の人は、皮膚のバリア機能が低下している状態なので、先ほど紹介した大人アトピーの原因以外の原因でも、あらゆる刺激物が症状を悪化させます。
・アトピー性皮膚炎は血液検査でigEの濃度を調べることによって、ダニ、ほこり、花粉などアレルギー反応によって皮膚炎を悪化させる物質の見当をつけることができます。
・主に生活上の対策としては次のような対策を行うと効果的でしょう。

1、ダニ・カビ対策
2、ストレス対策
3、衣服からの刺激対策
4、規則的な生活を心がける
5、お風呂上りの対策
6、食事での対策

アトピー治験参加のメリット

アトピー性皮膚炎の治験に参加するメリットとして、あなたの肌の状態や今後の改善方法などをより詳しく知ることもできます。
また、アトピー性皮膚炎に限った話ではありませんが、治験を受けると高額のバイト代もいただけます。
さらには、交通費まで頂けることもあるので、文句なしですよね?
もしあなたが今、アトピー性皮膚炎に苦しんでいるのであれば、ぜひ一度アトピー性皮膚炎に関する治験を探して応募してみてはいかがでしょうか?

関東・九州の募集治験一覧

関東募集治験 東京神奈川埼玉茨城
九州募集治験 福岡博多熊本

治験体験談

治験ボランティア初参加 20代男性

男性体験談 はじめて、「治験アルバイト募集ネット」 より治験ボランティアに参加しました。最初は本当に怖い・危ないというイメージがありましたが、病院にいって見ると普通のちゃんとした病院でした。
4泊5日×2回の治験ボランティアに参加しました。入院生活 開始となったのですが、日に数回の採血を含めた検査のみ!もちろん制限はありましたが、残りは自由時間でゲーム三昧でした!!ほんと拍子抜けしてしまいましたが、また是非機会があれば参加したいと思います。


↑ PAGE TOP